吸収力による効果の違い|有機田七人参で身体の調子を整える|人気の健康食品をチェック

有機田七人参で身体の調子を整える|人気の健康食品をチェック

男女

吸収力による効果の違い

野菜

関節に働く成分

関節痛を予防したり、緩和するサプリメントはグルコサミンを中心にコンドロイチンやヒアルロン酸が配合されています。これらの名前は聞いたことがあり、関節痛を緩和する成分として有名ですが、グルコサミンは単糖類で分子量が小さいのに対し、コンドロイチンとヒアルロン酸は多糖類で分子量が大きい特徴があります。中高年に発生する関節痛は、軟骨が擦り減ることによって炎症が起きます。軟骨を構成する成分のプロテオグリカンにはコンドロイチンやヒアルロン酸が含まれています。プロテオグリカンは、グルコサミンによって生成される物質です。グルコサミンは軟骨成分を作りだし、コンドロイチンやヒアルロン酸は関節のクッションとなり関節痛を予防する働きがあります。

分子量による吸収性

軟骨を生成するプロテオグリカンを直接摂取した方が効率が良いと感じる人がいますが、プロテオグリカンは超高分子の物質です。分子量が40万ダルトンを越え、コンドロイチンの7万ダルトンやヒアルロン酸の10万ダルトンと比較しても非常に大きい分子だということがわかります。そのため、プロテオグリカンを摂取したとしても、体内にほとんど吸収することができません。グルコサミンの分子量は2万ダルトン以下で、関節に良いと呼ばれている成分の中で最も分子量が小さいため、体への吸収が良いことからサプリメントに最も利用されています。グルコサミンのみをサプリメントに配合すれば、プロテオグリカンやコンドロイチン、ヒアルロン酸まで作りだしますが、コンドロイチン等と一緒に摂取することによってグルコサミンの効果が高まることがわかっているため、グルコサミン単独成分のサプリメントは少数に留まっています。